嫌われる勇気

昨日、高校の良き友人がある紙を僕にくれました。



そこにはこう書かれていました。
「人は人 吾(われ)はわれ也 とにかくに 吾(わが)行く道を吾(われ)は行くなり」 

つまり、人にどう思われるかを気にせず、自分の進むべき道を進めということです。
僕はこれと同じような意味の言葉は聞いたことがありましたが、友人からこれをもらったときに感動して、しばらくひとりでこの言葉を眺めていました。

そこで僕が思ったことを書きます。

最近、僕の活動が多くの人に知ってもらえるようになりました。うれしい限りです。
もちろん、目立ちたいがためにやっているわけではありませんが、僕のやっている活動は人に知ってもらってなんぼなのです。
学校では僕はあまり自分の活動の話はしないのですが、多くの学校の生徒が僕の活動について知っています。

僕が何をしているのか興味を持って話かけてくれる人もたくさんいます。僕は、やっぱり人がそう思ってくれるのはとてもうれしいです。

しかし一方で、僕のことをよく思わない人もいます。
僕の活動に対しての文句なども、友人を通じて話を聞きます。

例えば・・・
「よしきはかわいい女の子と出会うためにこういう活動をしているんだ」
「よしきはただの偽善者」

こういった感じだそうです。
前者の意見を聞いたときは思わず笑ってしまいましたが、どちらもあまりうれしくはないですね。

人から嫌われるということは決して気持ちいいものではありません。

すこし前まで僕は人に嫌われることを強く恐れていました。
友達から嫌われないようにいつも気をつけていました。
当然ですよね。いじめられるかもしれないと考えるとすごい怖くなってしまいます。

最近、僕の心に変化がありました。
人から嫌われる勇気を持つようになったのです。

前回のブログにも書きましたが、多くの活動をしていると周りからの賛否両論があります。
僕の活動に応援してくれる人はたくさんいるのですが、反対する人もいます。
そんなときにも僕は自分に自信を持ち、自分の信じた道を歩んでいかなければいけません。

僕のことを嫌う人も出てくるでしょう。しかし、そのことを気にしていてはいつまでも前に進めません。
皆さんも、嫌われる勇気を持ってください。嫌われることを恐れずに、自分のしたいことをやりましょう。
人生一度きりです。周りからどう思われようが、自分のしたいことをして生きようではありませんか!

「人は人 吾(われ)はわれ也 とにかくに 吾(わが)行く道を吾(われ)は行くなり」

この言葉を胸に、僕はこれからも自分の信じた道を進み続けます。



 とは言っても、やはり自分のことを嫌う人はひとりでも少ないほうがいいです。
彼らがどうして自分のことが嫌いなのか、もし自分に間違っているところがあれば僕もそこを改善するように努力していかなければなりませんね。

前回に続き、すこし長めの投稿になってしまいましたが最後まで読んでくださりありがとうございました!













0 件のコメント:

コメントを投稿