アンナプルナ・ベースキャンプ(ABC:Annapurna Base Camp)(3)

<2日目>
渡っている最中は結構緊張する
 前日は疲れ果て体力の限界を感じたが、一晩よく寝て少しは元気になった。「今日もまた気を引き締めてがんばるぞ~!」と張り切って登り始める。しかし、前日同様、すごくきつかった。上って下ってを一時間ずつ繰り返す。一番きつかったのは最後の十分。下りの階段だ。山登りをやる人なら分かると思うが、上りはもちろん息が切れてきついが、下りというのは違う意味でかなり疲れる。筋肉が疲労しているときにずっと下り続けると腿がガックガクになってしまうのだ。さらに足を滑らせると終わりなので集中力を切らすわけにもいかない。当時の日記にも書いてあったが、もう無理!ってくらいきつかった。
この旗がある場所には仏教徒が住んでいる。
 この日はチョムロンという村で宿泊。前日の村(ガンドルック)もそうだったが、僕がこれまで訪れてきたネパールの村とは大違いで、ライフラインが整備されていて各家庭にテレビもあり、建物も立派だった。おそらく外国人客が多く訪れるため、裕福なのだろう。


 この村の標高は2140m。だいぶ寒くなってきた。ゲストハウスの宿泊客は僕とガイドのチョックラさんだけだ。そのため、ゲストハウスの方々はゆとりがあり、ずっと僕らの話し相手になってくれた。ネパール語ができるとこちらの人々の考え方がよく理解できて便利だ!

ネパールの多くの女性は毎日この作業を繰り返す。

0 件のコメント:

コメントを投稿