2度目の新聞記事

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/children/jkids/20120616-OYT8T00427.htm

僕の書いた2回目の記事が新聞に載りました。
今回は、ネパールで毎日2回食べるダルバートについて。


ネパール・ポカラ発

 ネパール料理といえば「ダルバート」=写真=。カレーのような料理で、ネパール人は1日2回の食事でほぼ毎回食べます。
 ダルが豆、バートが米という意味ですが、実際(じっさい)はライスと豆スープ、トルガリ(カレーのルー)、アチャール(()けもの)が一つの大きなお(さら)にのせられてきます。それを手で混ぜて食べるのです。
 家庭によって味が様々で、(から)かったり、塩辛かったりしますが、どこでも、お米の量はかなり多いです。超大盛(ちょうおおも)り以上という表現がわかりやすいかもしれません。
 ネパール人の食べる量は想像(そうぞう)(ぜっ)するほどで、何度も盛ってもらう人が少なくありません。(ぼく)は必死に「プギョ!プギョ!(お(なか)いっぱい)」と言うのですが、ホストマザーの悲しそうな視線(しせん)に負けてつい食べ過ぎてしまいます。でも、すごくおいしいので、毎日食べても全然()きません。
 (せき) 愛生(よしき) 16歳
(2012年6月23日  読売新聞)

0 件のコメント:

コメントを投稿