6日目(3)

合計8時間の歩いての移動で、やっと2つ目の村チース村に到着した。
村に入っていくと、マイダン村とは対照的に歓迎ムードは全くない。
ナマステ~!と、あいさつしても何も返事してくれない。
子供たちもすごく恥ずかしがってすぐに逃げていってしまう。

しょうがないので何もしないで休んでいると、どこからか視線が・・・
周りを見てみると子供たちがずっと僕らのことを見ている。

でも、すぐに逃げてしまうので何もしないでいると、5歳くらいの男の子が僕のところに近づいてきた。おいで!というと、恥ずかしそうにニヤニヤしながらやってきた。
僕のネパール語で話せることは限られているので、とにかく楽しませるために変顔やら色々としていると、いつの間にか僕のまわりは子供だらけ。
シャイな子供たちだったが、それからは一緒に遊んでくれた。

あっという間に夜になってしまい、夜のダルバートの時間になってしまった。
大きな部屋にみんなで入ると、すぐにダルバートが運ばれてきた。
鶏肉も入っている。・・・
・・・そういえばさっき子供が鶏をつれて部屋の後ろに行っていたな。
そしたら首なしの鶏が出てきたな・・・。

新鮮な鶏肉はとても美味しかった。
他のものもとても美味しく2回おかわりしてしまった。


そのあとは、ダンスパーティー!!
ネパールの曲に合わせてみんなで踊る。
でも、ネパール人は2,3人の男の子だけがノリノリ。
あとはみんな座って見ている。

僕ら日本人はみんな踊っていたが、だんだん疲れてきた。
途中からは交代で踊ったが、全く終わる気配がない。
すでに数時間踊っていた。
さすがに疲れたのであと10分ね~!
といって終わった。
とっても楽しかった!!でもとっても疲れた。

そして最後に、流れ星を見よう!ということで満点の星空を見ていたが結局1人しか見ることができなかった。



今思いだすだけでもかなり長い1日だった。
この日が1番ハードだったことに間違いない。
夜のダルバート

ダンスパーティー。みんながんばってます。

僕らのダンスをずっと見ている村人たち。

ちなみに夜はベランダで寝ました。
寝袋だけで寒かった・・・

1 件のコメント: