4日目 リアルバーベキュー

4日目、今日は「リアルバーベキュー」の日。
何のことか分かりますか?ふつうのバーベキューとは違います。

この写真では分かりにくいですが、緑のTシャツを着た少年の手元にいるのは豚。
動けないようにしっかりと縛られています。

これから何が起こるか分かっていただけましたか??
そう、これからこの豚を殺し、調理するのです。それから、食べます。

僕らは、この豚がどのようにして食べ物になっていくかを、数メートル離れた場所からすべて見ました。これからどのようにして食べ物になるかを、簡単に説明したいと思います。

まずは、数人で豚を押さえつけ、大きなナイフで首を切りおとす。
ものすごい悲鳴も途中から段々弱くなっていき、そして消えていく・・・。
思っていたよりも首はすぐに切れてしまい、別の場所に持ってかれてしまった。


次に、1度胴体を焼いて毛をむしる。この写真は焼かれているとき。ものすごい「生き物の匂い」がした。この匂いは日本にいると絶対に分からない匂いだ(あまり良い匂いではありません)。

このあと毛をむしり、その後お腹を切り、中身を丁寧に取り出す(このときの写真はさすがに載せることはできない)。
出来上がり。この時間わずか30分ほど。
命の重さについて、考えさせられた。
日本にいるときは、スーパーに行き、そこできれいにパッキングされた肉をすぐ買うことができる。
この肉はもともとは僕らと同じ動物として生きていたのに、人間の勝手で殺され、そして食べられるのだ。
それなのに、多くの人間はこの動物になにも感謝もせず、ただおいしいからといって食べている。
僕は、ベジタリアンになれと言っているわけではないし、僕自身もベジタリアンなわけではない。
ただ、肉を食べるときは、動物に感謝をしてほしい。
そうすれば、この動物たちもすこしは喜んでくれるのではないだろうか。

最後になってしまったが、この豚の肉、とてもおいしかったです。
ありがとう。

0 件のコメント:

コメントを投稿